リファレンス

<input type="button">の使い方・サンプルコード

Sara

<input type=”button”>

<input>要素の type 属性に button を指定すると、汎用的なボタンを作成することができます。

汎用的なボタンは何も機能のついていないボタンなので、ボタンを押したときの処理を書くために JavaScript や jQuery と組み合わせて使用します。

ボタンの作成には <button>要素を使うこともできます。

デモ:<input type=”button”>要素

属性

autofocus

ページの読み込みが完了したときに、この属性を持った要素にフォーカスします。論理属性です。

フォーム内の一つの要素だけに指定できます。

HTML

<input type="button" value="autofocusあり" autofocus>
<input type="button" value="autofocusなし">

実行結果

disabled

ユーザーがボタンを押すことができないようにします。論理属性です。

disabled を指定すると、通常ボタンの色が薄くなります。

HTML

<input type="button" value="通常のボタン">
<input type="button" value="Disabledボタン" disabled>

実行結果

form

関連付けたい form 要素の id を指定します。この属性を指定しない場合は、親要素に form 要素が存在すれば、その form 要素に関連付けられます。

form 属性を指定することで、form 要素の子要素に input 要素を置かなくても、同じ HTML 文書中にあるフォームに関連付けることができます。

name

要素に名前を付けます。

<input type="button" name="btn" value="ボタンのラベル">

tabindex

TABキーを押した時にフォーカスされる input 要素の順番を指定します。
 

以下のサンプルでは、name=”input1″ の要素にフォーカスした状態(文字を入力できる状態)でTABキーを押すと「input1 → input2 → input3 → ボタン」の順番でフォーカスが動きます。

<input type="text" name="input3" placeholder="3" tabindex="3">
<input type="text" name="input2" placeholder="2" tabindex="2">
<input type="text" name="input1" placeholder="1" tabindex="1">
<input type="button" name="btn" value="ボタン" tabindex="4">

value

ボタンのラベルとして使われる文字列を指定します。

HTML

<input type="button" name="btn" value="ボタンのラベル">

実行結果

グローバル属性

全ての HTML に共通して使用できるグローバル属性はこちら

使用例

このサンプルでは、JavaScript の onclick イベントを使って、ボタンのラベル(value 属性)を切り替えています。

HTML

<input type="button" value="ON" onclick="btnClick(this)">
<script>
  function btnClick(btn) {
    if (btn.value === 'ON') {
      btn.value = "OFF";
    } else {
      btn.value = "ON";
    }
  }
</script>

実行結果

対応ブラウザ

関連するタグ

HTML タグ一覧はこちら

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
Sara
運営者
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました