リファレンス

<input type="hidden">の使い方・サンプルコード


 

<input type="hidden">

<input>要素の type 属性に hidden を指定すると、ユーザーには表示されないデータを作成することができます。

* value 属性に指定した値はソースコードに表示されるので、セキュリティ目的での使用はできません。

デモ:<input type="hidden">

ユーザーには表示されません。

 
 
 

属性

disabled

disabled 属性を指定するとデータが送信されなくなります。論理属性です。

<input type="hidden" name="page_id" value="123" disabled>

 
 

form

関連付けたい form 要素の id を指定します。この属性を指定しない場合は、親要素に form 要素が存在すれば、その form 要素に関連付けられます。

form 属性を指定することで、form 要素の子要素に input 要素を置かなくても、同じ HTML 文書中にあるフォームに関連付けることができます。
 

以下のサンプルでは、1行目の input 要素をフォームのデータとして送信することができます。

<input type="hidden" name="user_type" value="1" form="myForm">

<form id="myForm">
  <input type="text" name="name" placeholder="山田太郎">
  <input type="submit" value="登録">
</form>

 
 

name

要素に名前を付けます。

<input type="hidden" name="page_id" value="123">

 
 

value

送信するデータを指定します。

<input type="hidden" name="page_id" value="123">

 
 

グローバル属性

全ての HTML に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 
 

使用例

HTML
<form method="post" action="sample.php">
    <div>
        <label>お名前 <input type="text" name="name" placeholder="山田太郎"></label>
    </div>
    <div>
        <label>メールアドレス <input type="email" name="email" placeholder="a@a.com"></label>
    </div>
    <input type="submit" value="登録">
    <input type="hidden" name="user_type" value="1">
</form>
実行結果

input="hidden" の値はユーザーに表示されません。


 
 
 

対応ブラウザ

 
 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントするx