作って学べるプログラミング講座
アプリを作りながら学習
自分のペースですぐに始められる
困ったら何回でも質問可能
リファレンス

<input type="url">の使い方・サンプルコード

Sara

<input type=”url”>

<input>要素の type 属性に url を指定するとURL の入力欄を作成することができます。

デモ:<input type=”url”>要素

属性

autocomplete

ブラウザによる自動補完機能を使用するかどうかを指定します。

指定できる値は「<input> 要素 autocomplete 属性に指定できる値まとめ」をご確認ください。

autofocus

ページの読み込みが完了したときに、この属性を持った要素にフォーカスします。論理属性です。

フォーム内の一つの要素だけに指定できます。

HTML

<input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" autofocus>

実行結果

disabled

ユーザーが URL を入力・編集できないようにします。論理属性です。

disabled を指定すると input 要素の色が少し薄く表示され、フォームを送信しても値は送信されません。

HTML

<input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" disabled>

実行結果

form

関連付けたい form 要素の id を指定します。この属性を指定しない場合は、親要素に form 要素が存在すれば、その form 要素に関連付けられます。

form 属性を指定することで、form 要素の子要素に input 要素を置かなくても、同じ HTML 文書中にあるフォームに関連付けることができます。

以下のサンプルでは、1行目の input 要素をフォームのデータとして送信することができます。

<input type="url" name="url" form="myForm">

<form id="myForm">
  <input type="text" name="name" placeholder="山田太郎">
  <input type="submit" value="登録">
</form>

list

datalist 要素と組み合わせて、URL の入力候補を表示することができます。

datalist 要素と関連付けるために、list 属性の値とdatalist 要素の id 属性の値を一致させる必要があります。

以下のサンプルでは、list 属性の値「url-list」とdatalist 要素の id 属性の値「url-list」を一致させて、3つの選択候補として表示しています。

HTML

<input type="url" name="url" list="url-list" placeholder="URLを入力">
<datalist id="url-list">
  <option value="sample.com">
  <option value="test.com">
  <option value="example.com">
</datalist>

実行結果

参考:<datalist>要素の使い方・サンプルコード – HTMLリファレンス

maxlength

入力欄に入力できる最大文字数を指定します。

<input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" maxlength="30">

minlength

入力欄に最低限入力する必要がある文字数を指定します。

<input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" minlength="10">

name

要素に名前を付けます。

<input type="url" name="url">

pattern

URLに含まれているべき文字列などを正規表現で指定します。

正規表現に一致しなかった場合はエラーメッセージが表示されますが、title 属性を使うと任意のエラーメッセージを追記することができます。

HTML

<form>
  <input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" pattern="https://.+" title="https://で始まるURLを入力してください。">
  <input type="submit" value="登録">
</form>

実行結果

placeholder

入力例や入力のヒントを入力欄に表示します。

HTML

<input type="url" name="url" placeholder="URLを入力">

実行結果

readonly

要素を読み取り専用として、ユーザーが値を変更できないようにします。論理属性です。

disabled 属性を指定するとユーザーはこの要素をクリック・選択することができませんが、readonly 属性はクリック・選択することができます。また、readonly 属性を付けても値はフォームと共に送信されます。

HTML

<input type="url" name="url" value="https://sample.com" readonly>

実行結果

required

URL を入力必須項目にします。論理属性です。

ブラウザによって異なりますが、未入力のままフォーム送信ボタンを押すとエラーメッセージが表示されます。

HTML

<form>
  <input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" required>
  <input type="submit" value="送信">
</form>

実行結果

size

入力欄の表示サイズを指定します。既定値は20です。

フォントによってサイズが異なること、入力文字数を制限するものではないことにご注意ください。

HTML

<input type="url" name="url1" placeholder="size指定なし"><br>
<input type="url" name="url2" placeholder="sizeに30を指定" size="30">

実行結果

spellcheck

ブラウザや OS によるスペルチェックを行うかを指定します。

default親要素の spellcheck 値を使用します。
trueスペルチェックを行います。
falseスペルチェックを行いません。

tabindex

TABキーを押した時にフォーカスされる input 要素の順番を指定します。

以下のサンプルでは、name=”input1″ の要素にフォーカスした状態(文字を入力できる状態)でTABキーを押すと「input1 → input2 → input3 → url」の順番でフォーカスが動きます。

<input type="text" name="input3" placeholder="3" tabindex="3">
<input type="text" name="input2" placeholder="2" tabindex="2">
<input type="text" name="input1" placeholder="1" tabindex="1">
<input type="url" name="url" placeholder="URL" tabindex="4">

value

初期状態で表示するテキストを指定します。

HTML

<input type="url" name="url" value="http://sample.com">

実行結果

グローバル属性

全ての HTML に共通して使用できるグローバル属性はこちら

使用例

例① 基本的な使い方

HTML

<form>
  <input type="url" name="url" placeholder="URLを入力">
  <input type="submit" value="登録">
</form>

実行結果

例② https://で始まるURLかを判定する(pattern属性)

このサンプルでは、https://で始まるURLかどうかをチェックしています。

HTML

<form>
  <input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" pattern="https://.+" title="https://で始まるURLを入力してください。">
  <input type="submit" value="登録">
</form>

実行結果

対応ブラウザ

関連するタグ

HTML タグ一覧はこちら

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
ABOUT ME
Sara
書籍やオンライン講座でプログラミングを勉強してフリーランスのプログラマーになりました。
このサイトでは「わかりやすく・シンプル」をモットーに、プログラミングの基礎からアプリ開発まで紹介します。
独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています。
主な使用言語:Java / Kotlin / PHP
>> 詳しいプロフィールはこちら
>> 書籍を出版しました!
>> お問い合わせはこちら
本格的に学びたい方へ

Code for Fun プログラミング講座

Code for Fun プログラミング講座では、プログラミングの基礎からアプリ開発まで学ぶことができます。

わかりやすく・シンプルをモットーに

  • 同じコードを書けば必ず完成できること
  • 専門用語を使いすぎないこと

を重視しています。

POINT 01

動くコード

プログラミングの文法だけを学んでも、そこから動くアプリを開発をするのは難しいです。

Code for Fun のプログラミング講座では、ゲームやカレンダーなど「アプリとして機能するもの」を作りながらプログラミングを学ぶことができます。

POINT 02

自分のペースで

オンライン講座なので、ご自身のペースで学習を進めて頂けます。

分からないことがあっても、前のレッスンに戻ることができるので安心です。

お申し込みしたその日からからすぐに始めることができます。

POINT 03

個別サポート

プログラミング学習では、エラーが起きることはよくあります。そんな時はお気軽にお問い合わせください!

コメント欄またはメールによるサポートを回数無制限でご利用頂けます。(*講座に関連するご質問のみ対応)

今すぐ無料でお試し

0
この記事にコメントするx
記事URLをコピーしました