リファレンス

【2020年版】<input type="url">の使い方・サンプルコード

<input>要素の type 属性に url を指定するとURL の入力欄を作成することができます。

デモ:<input type="url">

 
 

属性

<input type="url" 属性名="ここに値を指定">
 

autocomplete

ブラウザによる自動補完機能を使用するかどうかを指定します。

指定できる値は「<input> 要素 autocomplete 属性に指定できる値まとめ」をご確認ください。
 

autofocus

ページの読み込みが完了したときに、この属性を持った要素にフォーカスします。論理属性です。

フォーム内の一つの要素だけに指定できます。
 

HTMLコード
<input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" autofocus>
実行結果


 

disabled

ユーザーが URL を入力・編集できないようにします。論理属性です。

disabled を指定すると input 要素の色が少し薄く表示され、フォームを送信しても値は送信されません。
 

HTMLコード
<input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" disabled>
実行結果


 

form

関連付けたい form 要素の id を指定します。この属性を指定しない場合は、親要素に form 要素が存在すれば、その form 要素に関連付けられます。

form 属性を指定することで、form 要素の子要素に input 要素を置かなくても、同じ HTML 文書中にあるフォームに関連付けることができます。
 

以下のサンプルでは、1行目の input 要素をフォームのデータとして送信することができます。

<input type="url" name="url" form="myForm">

<form id="myForm">
  <input type="text" name="name" placeholder="山田太郎">
  <input type="submit" value="登録">
</form>

 

list

datalist 要素と組み合わせて、URL の入力候補を表示することができます。

datalist 要素と関連付けるために、list 属性の値とdatalist 要素の id 属性の値を一致させる必要があります。
 

以下のサンプルでは、list 属性の値「url-list」とdatalist 要素の id 属性の値「url-list」を一致させて、3つの選択候補として表示しています。

HTMLコード
<input type="url" name="url" list="url-list" placeholder="URLを入力">
<datalist id="url-list">
  <option value="sample.com">
  <option value="test.com">
  <option value="example.com">
</datalist>
実行結果


 

参考:【2020年版】<datalist>要素の使い方・サンプルコード – HTMLリファレンス
 
 

maxlength

入力欄に入力できる最大文字数を指定します。

<input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" maxlength="30">

 
 

minlength

入力欄に最低限入力する必要がある文字数を指定します。

<input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" minlength="10">

 
 

name

要素に名前を付けます。

<input type="url" name="url">

 
 

pattern

URLに含まれているべき文字列などを正規表現で指定します。

正規表現に一致しなかった場合はエラーメッセージが表示されますが、title 属性を使うと任意のエラーメッセージを追記することができます。

HTMLコード
<form>
  <input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" pattern="https://.+" title="https://で始まるURLを入力してください。">
  <input type="submit" value="登録">
</form>
実行結果


 
 

placeholder

入力例や入力のヒントを入力欄に表示します。

HTMLコード
<input type="url" name="url" placeholder="URLを入力">
実行結果


 
 

readonly

要素を読み取り専用として、ユーザーが値を変更できないようにします。論理属性です。

disabled 属性を指定するとユーザーはこの要素をクリック・選択することができませんが、readonly 属性はクリック・選択することができます。また、readonly 属性を付けても値はフォームと共に送信されます。
 

HTMLコード
<input type="url" name="url" value="https://sample.com" readonly>
実行結果


 

required

URL を入力必須項目にします。論理属性です。

ブラウザによって異なりますが、未入力のままフォーム送信ボタンを押すとエラーメッセージが表示されます。
 

HTMLコード
<form>
  <input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" required>
  <input type="submit" value="送信">
</form>
実行結果


 

size

入力欄の表示サイズを指定します。既定値は20です。

フォントによってサイズが異なること、入力文字数を制限するものではないことにご注意ください。

HTMLコード
<input type="url" name="url1" placeholder="size指定なし"><br>
<input type="url" name="url2" placeholder="sizeに30を指定" size="30">
実行結果


 
 

spellcheck

ブラウザや OS によるスペルチェックを行うかを指定します。

default親要素の spellcheck 値を使用します。
trueスペルチェックを行います。
falseスペルチェックを行いません。

 
 

tabindex

TABキーを押した時にフォーカスされる input 要素の順番を指定します。
 

以下のサンプルでは、name="input1" の要素にフォーカスした状態(文字を入力できる状態)でTABキーを押すと「input1 → input2 → input3 → url」の順番でフォーカスが動きます。

<input type="text" name="input3" placeholder="3" tabindex="3">
<input type="text" name="input2" placeholder="2" tabindex="2">
<input type="text" name="input1" placeholder="1" tabindex="1">
<input type="url" name="url" placeholder="URL" tabindex="4">

 
 

value

初期状態で表示するテキストを指定します。

HTMLコード
<input type="url" name="url" value="http://sample.com">
実行結果


 

グローバル属性

全ての HTML に共通して使用できるグローバル属性はこちら
 
 

使用例

例① 基本的な使い方

HTMLコード
<form>
  <input type="url" name="url" placeholder="URLを入力">
  <input type="submit" value="登録">
</form>
実行結果


 

例② https://で始まるURLかを判定する(pattern属性)

このサンプルでは、https://で始まるURLかどうかをチェックしています。

HTMLコード
<form>
  <input type="url" name="url" placeholder="URLを入力" pattern="https://.+" title="https://で始まるURLを入力してください。">
  <input type="submit" value="登録">
</form>
実行結果


 
 

対応ブラウザ

 
 

関連するタグ

 

HTML タグ一覧はこちら

ABOUT ME
Sara
Sara
「わかりやすく・シンプル」をモットーに、スマホアプリ・ウェブアプリの作り方を紹介します。 独学でプログラミングを勉強をしている方、基礎は勉強したけれど次に何をすれば良いか分からない...という方のお役に立てるサイトを目指しています🙂
独学は難しそうと感じたら

 
独学でプログラミングを勉強するのは難しそう、効率的にプログラミングを学びたいという方はオンラインスクールがオススメです。

オンラインスクールを選ぶときのポイント

  • 無料体験があること
  • 個別サポートがあること

自分にあったスタイルを見つけるために、無料体験のご利用をオススメします。(無料体験後に自分には合わないなと感じたらハッキリ断ってしまって問題ありません。)
 
個別サポートもプログラミング学習に挫折しないために重要なポイントです。エラーや困った時にすぐに個別対応をしてくれるスクールを利用して下さい。

ここでは3つのオンラインスクールを紹介します。
全て無料体験がありますので、ぜひ自分に合ったスクールを見つけてみて下さい????
 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実しています。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイントです。
オリジナルのサービスやアプリの開発もサポートしてくれるので、開発したいものが決まっている人にもオススメです。

無料体験はこちら

2. CodeCamp(コードキャンプ)

一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクールです。
Webデザイン・Webサービス開発・アプリ開発などを幅広く学習することができます。
マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリットです。

無料体験レッスンはこちら

3. Treehouse

英語でも良い、英語とプログラミングを同時に勉強したいという方は Treehouse がオススメです。月25ドルで始めることができて、たくさんのプログラミング言語を学ぶことができます。
個別サポートはありませんが、掲示板が充実しています。ほとんどの場合、質問してから30分程度で回答を得ることができます。

7日間の無料体験はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA